水素水を飲むなら水素濃度にこだわろう

水素水に含まれている水素には、他の物質と結合しやすいと言う性質があります。そして結合した物質を中和して、還元してしまう作用も持っています。そのため体の中にこれを摂取すると、活性酸素の除去が期待できるとされています。
活性酸素は、ストレスや紫外線、喫煙習慣などを原因として体内に発生する物質で、量が過剰になると細胞を傷つけてしまいます。その結果、疾患や老化の原因のひとつともされています。
水素水を飲むだけで、この活性酸素を除去できるのはとてもメリットのあることです。ただしそのためには、よりこの中に含まれている水素の濃度が高いことが求められます。
ペットボトルなどに含まれている場合、一度、開封してしまったら最後、水素の特性上、中に含まれている水素はどんどん空気中へと飛散していってしまいます。これはたとえ蓋をしっかりと閉めたとしても、完全に防ぐことはできません。
ですから開封したら、水素濃度のことを考えるのであれば、その場で飲み干してしまうこと、または開封後2~3時間以内に飲み干してしまうことが求められます。
最近ではこの点に配慮された、水素が飛散しにくいアルミパウチに入った水素水も販売されています。水素濃度にこだわりたい方は、そうした容器に含まれた商品を選ぶと共に、開封前の水素濃度にも注意したいです。

水素水をペットに与えること

水素水をペットに与える 水素水を飲むことによって得られる健康、美容に対しての効果として最も大きいのが、活性酸素の除去です。活性酸素は紫外線を浴びること、ストレスを感じること、またタバコの煙などを吸うことによって体内に発生します。そして細胞にダメージを与え、健康面や美容面に対して様々な良くない影響を与えます。ですからこれを除去することは、健康や美容を守る上では非常に意味があることと言えます。
そしてこの活性酸素は、何も人間の体だけに発生するものではありません。人間以外の動物の体にも発生しうるものであり、人間にとって近しい存在であるペットの体にも発生するものです。
たとえば犬や猫であれば、散歩などで外に出た際に紫外線を浴びれば活性酸素が発生しますし、ストレスを感じたりした際にも同様です。フードに使用されている添加物が発生原因になることも考えられますし、飼い主が喫煙者であれば、その煙を吸い込んでしまうことで活性酸素はより発生しやすくなってしまいます。
そしてその体で発生した活性酸素は、やはりペットの健康や美容、犬や猫の場合でしたら毛並や肌状態に悪い影響を与えます。ですから、ペットに水素水を与えることはその健康や美容を守るためにも非常に意味があることです。
水素水は水ですから、ペットに与えることに問題はありません。ただしミネラルが豊富に含まれており、特にリンの比率がカルシウムよりも多いものになると、犬や猫にとっては骨粗しょう症を引き起こす要因にもなるとされています。ですから飼い主の方は、その点にだけは気をつける必要があります。

コンテンツ

『水素水 ペット』 最新ツイート